茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA
かねてより、こちらのブログでご紹介して参りました、私どものオーストリア・ロースドルフ城古伊万里再生プロジェクトは、NHK全国ニュース報道を皮切りに、新聞、デジタルニュース、新幹線や地下鉄車内のテロップにまで!各メディアに大きく取り上げていただいきました。誠にありがとうございます!!




12月3日(日)おひるのNHKニュース / よるのニュース7 / BSニュース / NHKラジオニュース にて報道いただきました。

d0334837_12432717.jpg



d0334837_12532399.jpeg



d0334837_12415772.jpg



d0334837_12420039.jpg








12月4日(火)朝日新聞 朝刊 社会面

d0334837_12424536.jpg



朝日新聞デジタル版記事はこちら






NHKニュースでは、特に、国の重要文化財級の古伊万里が少なくとも3点含まれていることに注目をしています。

とても重大な素晴らしい発見ではありますが、この陶片コレクションの魅力はその点のみに留まりません。
古陶磁の辿った壮大なロマン、当時の世界最高水準の技巧、これから未来に向けて平和を考える意味でも、私たちに示唆の多い問いを投げかけてくれていると感じます。

今後とも本プロジェクトを是非とも応援いただき、国内での展覧会開催を実現したいと思っております。今後ともフォローよろしくお願い申し上げます。



# by hoshinamachiko | 2018-12-04 12:38 | Events イベント

AREThéパリ記念茶会 御礼

160年前、江戸末期の徳川幕府とナポレオン三世の治世に始まった日本とフランスの友好は、その後の歴史においても両国の文化の発展に大きな影響をもたらし、今日もなお互いに高めあう素晴らしい関係を誇っています。


この記念すべき瞬間をお祝いし、更なる発展を願うジャポニスム2018参加企画として、セーヌ川を臨むパリ6区のミゼンギャラリーにて細やかな記念茶会を催しました。




d0334837_14170239.jpg





d0334837_14170383.jpg





d0334837_08314825.jpeg






席主を仰せつかりましたパリ記念茶会は、各席満席をいただき、点前の折にはウィンドウ越しにも高い関心を賜り(!!)パリ中心部ポン=ヌフ橋たもとのアートギャラリーは、正しく市中の山居と相成りました。





d0334837_16055922.jpeg




d0334837_15122810.jpg




d0334837_15122918.jpg





d0334837_23410437.jpeg



フェスティバル・アレテー(AREThe)は、茶の湯のインタラクティブアートとしての側面に光をあて、伝統文化の普遍性を現代的な解釈で表現する試みです。主催はNPO法人World Art Bridge(小畑美果代表)。ユネスコ日本政府代表部の後援のもと、着実に規模を大きくされ、パリのほか、ジュネーブ、ミラノ、オックスフォードなど欧州を巡回するアートイベントとして三年目を迎えました。今年は特にジャポニスム2018参加企画に認定されたことで更なる注目を集めています。
私自身のめざす茶の道とも共鳴することから、2017には公式カタログへの寄稿、そして2018にはパリ記念茶会の席主を仰せつかり、このご縁にはとても感謝しています。


折しも2018は日仏外交樹立160周年。
私の先祖とゆかりのある徳川幕府の治世から今日までの歴史を鑑みるほどに、深い感銘を覚えます。
パリ記念茶会では、日仏友好を記念する茶席に相応しいしつらえを、伝統とモダンのバランスを配してご披露させて頂きました。日本の現代作家による茶道具をはじめ、老舗和菓子店 虎屋パリ店による特製きんとん、江戸時代から続く極上の京抹茶、亭主側は全員がフランス老舗服地ドーメルきもの (DUE CUORE by Charen )に身を包み、心を込めておもてなしを致しました。





d0334837_23161575.jpeg




d0334837_23074537.jpeg






d0334837_15285221.jpg




d0334837_15205693.jpg





d0334837_20503115.jpeg




地元パリにて長年茶の湯を嗜まれる方から、ジャポニスムを機に初めて茶席にお運び下さった方まで、遠いフランスの地にて茶の心を以って一坐建立を成し得ましたことは、言葉にならない感激でした。



文化紹介の視点から、主に今回が初めての茶会参加という方に向けてプレゼンテーションをさせて頂きました。点前の導入には茶の湯とは?茶会とは?を分かりやすくご説明し、呈茶後の質疑応答も活発に交わされました。全て英語でさせて頂き、フランス語が必要な場面では小畑様に助けて頂きました。たくさんのフィードバックを頂き、私にとりましても学びの多い時間となり有り難かったです。



これもひとえに日仏の素晴らしいチームと多くのお力添えがあってこそと心より感謝しています。この一期一会がご参加者のお心に少しでも刻まれるのであればこの上なく光栄です。




d0334837_15130351.jpg




d0334837_14170525.jpg





末筆ながら、本企画に惜しみないお力添えを頂きました各企業団体の皆様に深く御礼申し上げます。


【後援】 ユネスコ日本政府代表部 / ジャポニスム2018

【協賛】 株式会社虎屋 / 荒川株式会社 / DORMEUIL / ドーメル・ジャポン株式会社 / 株式会社孫右ヱ門 / 株式会社嘉門工藝 / 村瀬治兵衛 / 四季窯 / rock’n’rose / DUE CUORE / 茶蓮

【協力】 Mizen Fine Art Gallery / 白栲会

【企画】 NPO法人World Art Bridge


この度は誠にありがとうございました。



保科宗眞拝




d0334837_15205705.jpg


d0334837_15095786.jpg

d0334837_15095781.jpg



Chaoyu Tea Ceremony in Paris, Japonismes2018 registered AREThé Festival 2018 successfully took place at Mizen Fine Art International Gallary. My deepest honor as a host, and gratitude for the extraordinary team from both countries to commemorate 160th friendship of Japan and France.

https://japonismes.org/



# by hoshinamachiko | 2018-11-02 14:11 | Events イベント

秋深まるパリにて、日仏友好160周年をお祝いする茶会を催します。

席主を務めさせて頂きますパリ記念茶会は、ジャポニスム2018参加企画、ユネスコ日本政府代表部後援事業『フェスティバルAREThéアートと茶の湯の巡回展)』の一環です


また、これに先立ちまして、茶蓮はフランスを代表する服地ブランドDORMEUIL社と提携し、日仏友好の証といえるお着物をプロデュースいたしました。こちらを茶会で着用し、ギャラリーおよびドーメルパリ本店にて特別展示会も同時開催いたしますので合わせてご案内申し上げます。



d0334837_20510610.jpg




ジャポニスム2018参加企画 〜


アートと茶の湯 フェスティバル ・アレテー


パリ記念茶会


@MIZEN Fine Art International (ポン・ヌフ橋の目の前、パリ左岸)

57, Quai des Grands Augustins 75006


日時 10月25日(木)13:00/14:30/16:00


席主 保科宗眞


後援 ユネスコ日本政府代表部/ジャポニスム2018


協賛 株式会社虎屋/荒川株式会社/DORMEUIL/ドーメル・ジャポン株式会社/株式会社孫右ヱ門/株式会社嘉門工藝/村瀬治兵衛/四季窯/rock’n’rose/DUE CUORE/茶蓮


協力 ミゼンファインアートギャラリー/白栲会


企画 NPO法人World Art Bridge



お申込お問合せはこちらからお願いします



d0334837_21081513.jpg








【茶蓮xドーメルきもの展示会】


@MIZEN Fine Art International (ポン・ヌフ橋の目の前、パリ左岸)


57, Quai des Grands Augustins 75006 Paris, FRANCE


10月24日(水)11:00〜18:00





@DORMEUIL Paris本店


51 Rue François 1er, 75008 Paris, フランス


10月22日(月)〜11月29日(金)




d0334837_08111866.jpeg










同時期に別会場にて開催されます陶芸家山本順子さんの個展、フラワーアーティスト曽我部翔さんの展示会も合わせてご案内申し上げます。



フェスティバル・アレテーは、茶の湯の体験を通して現代日本の芸術とそれを鑑賞する楽しみを分かち合うフェスティバル・イベント。(開催都市はパリ以外にミラノ・ジュネーヴ・オックスフォード。)日本が誇る伝統文化« 茶の湯 » の、インタラクティブ・アート的側面にスポットをあて、 芸術を通したコミュニケーションの場として 発信する。日本の現代アーティストによって制作された茶道具の展示や、茶の湯・茶会の体験を行う。(ジャポニスム2018HPより抜粋)



パリにて皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。



d0334837_21081513.jpg




CHAREN will host a tea ceremony at Mizen Fine Art Gallery, Paris, on Oct 25, to celebrate the Japonismes 2018 registered event - the AREThé Festival. We are honored to commemorate the 160 years friendship of Japan and France through Japanese traditional art Chanoyu.




# by hoshinamachiko | 2018-10-16 20:46 | Events イベント

トークイベント御礼


この度、代官山蔦屋書店主催『英語DE茶の湯 こんなとき、どうする?!』(淡交社)刊行記念トークイベントを開催させていただきました。週末の夜、お足元の悪い中にもかかわらず、満席の会場にてご清聴まことにありがとうございました。


d0334837_02062646.jpg



速水流次期八代家元速水宗広様との対談は、私にとりましても学びの多い貴重な機会でした。流派の違いが茶道の本質を際立たせたことは、今回の企画ならではだったと思います。


茶道速水流が創設された平和な江戸中期と、現代の日本社会。若宗匠のお話によると、江戸中期の平和な時代の空気感が、茶道を体系立てて理解する、速水流の流儀に繋がっていったそうです。「なぜ服紗で清めるのか」「なぜその点前なのか」など、英語でお茶をする上で外せない視点とも共通するように私は思いました。いま、英語でお茶をしたい人が増えている理由は、訪日客が増えてきたことばかりではなく、伝統とその精神世界を体系立てて理解したいという平和な時代の風潮もあるのかもしれません。


本書が皆様のお役に立てることを心より嬉しく思います。ありがとうございました。


# by hoshinamachiko | 2018-10-02 02:05 | Events イベント

代官山蔦屋書店

代官山蔦屋書店にて『英語DE茶の湯』刊行記念ブックフェアを開催して頂いています。





d0334837_15311632.jpg



d0334837_15311780.jpg



トークイベントは 9/29(土)19:00〜21:00
速水流八代次期家元速水宗広さんとのジョイントイベントです。

お申込みお問合せ

代官山蔦屋書店 tel 0337702525



言葉や文化の異なる国の人々との交流や、変化を続ける現代の私たちのライフスタイルなどについて、ご一緒にじっくり考える機会としたいです。



茶道や日本のおもてなしを海外の方にご紹介する際に便利な、かんたん英語フレーズもご紹介します。



d0334837_15312087.jpg



お茶に関心のある方、茶の湯で国際交流にご興味のある方、ご来場お待ちしております😊






# by hoshinamachiko | 2018-09-27 15:28 | Events イベント

婦人画報10月号 “外国人のお茶”は、

拙著『英語DE茶の湯』(淡交社) 四コマまんがの実写版です。


d0334837_13254273.jpg



紙面いっぱいのまんが仕立ては

婦人画報史上初の企画だそうで光栄です

だいぶ迫力があります〜😆




d0334837_13254400.jpg


婦人画報10月号 9月1日発売

外国人のお茶 ぜひご高覧くださいませ




オンライン記事はこちらからご覧いただけます


小学生からお家元まで

老若男女100名のお茶人が登場

どのページもとても読み応えがあります


お茶をされる方も、これからやってみたいなと思われている方にもおススメです







d0334837_13192217.jpg



協力 『英語DE茶の湯 こんなとき、どうする?!』保科眞智子著(淡交社)

おかげさまでアマゾンの茶道ギフト本部門で一位をいただきました。

淡交社オンラインストアおよび全国の書店にて好評発売中です!



# by hoshinamachiko | 2018-09-01 13:24 | 出版物

代官山蔦屋書店にて拙著『英語DE茶の湯』刊行記念のトークイベントを企画いただきました。秋の夜長を蔦屋書店でご一緒に🍁


日時 9月27日(土)19:00〜21:00 

蔦屋書店1号館2階イベントスペース 

参加費千円

詳細お申込みはこちらからお願いします。



速水流次期八代目家元速水宗広さんと、茶道を通じて言葉や文化の異なる国の人々との交流や、変化を続ける現代の私たち日本人のライフスタイルなどについてじっくり考える2時間を予定しています。



d0334837_13215241.jpg

おかげさまでアマゾンの茶道ギフト本部門で一位をいただきました。淡交社より好評発売中です!



# by hoshinamachiko | 2018-08-29 16:28 | Events イベント

仏ジャポニズム2018

今年は日仏友好160周年。

欧州でのジャポニズムの再燃に、両国をあげて日本文化を紹介するさまざまなイベントがぱパリを中心に目白押しです。


d0334837_23043177.jpg

公式ホームページ https://japonismes.org/




茶蓮が応援している『現代アートと茶の湯のフェスティバル AREThe(アレテー)』もジャポニズム2018参加企画として正式に認定され、私も10月には記念パリ茶会の席主をご指名いただきました。大義ある企画に誇りを持って準備にあたりたいと思います。



同時期に、私がディレクションする茶蓮のきものもパリにてデビューを予定しています。コンセプトはdue cuore。ふたつの心は和と洋の融合を意味します。詳細は随時更新いたしますので、どうぞお楽しみに!🇫🇷🇯🇵💗😉


I’ll be the ochakai host in Paris on Oct25 at Mizen Fine Art International, to celebrate the AREThe festival, an official event of Japonismes 2018 in France. It is my honor to offer the guests in Paris genuine Japanese hospitality in a modern setting. 


The guests will experience a relaxing and artistic tea presentation of matcha while appreciating the modern art pieces and learning Zen teaches. Chanoyu tradition was perfected during the samurai war period in medieval Japan. Even today, it holds an established position in the society as comprehensive art.


Before and after my tea event, kimonos directed by CHAREN due cuore will be displayed at the gallery and Dormeuil Paris boutique. Making its debut in Paris, I hope you all enjoy my taste inspired by the history and the long friendship of East and West. Details will be announced very soon.


# by hoshinamachiko | 2018-08-26 23:02 | Events イベント

初めての拙著『英語DE茶の湯 こんなとき、どうする?!』が淡交社より7月13日に刊行します!全国の書店およびAmazonほかオンライン書店にて発売中です。


一昨年の雑誌なごみ連載をもとに、新たにエピソードやエッセイを書き下ろし、バッグに入れて持ち運べるかわいい本に仕上がりました。簡単で便利なフレーズをふんだんにご紹介していますので、英語テキストとして、読みものとして、また国際交流の場面にてぜひお役立て頂けますなら幸いです。



d0334837_13203431.jpg



アマゾンの茶道ギフト本部門で一位をいただきました。

淡交社より好評発売中です




d0334837_14112671.jpeg



d0334837_13554187.jpeg




文字はどなたにも読みやすいように大きめに、英語も英検3級の語学力で対応できるように工夫しました。

また、これまで茶の湯の世界には馴染みのなかった若い世代の方々にも、茶会って?茶道とは?を漫画やエッセイを交えて分かりやすくお伝えすることを目指しました。


日本のおもてなしの代名詞とも言われる茶の湯。ぜひこの一冊を通して、英語で、そして日本語でも親しんで頂けますなら幸いです。





My first book of Japanese tea ceremony is published. It marked the Amazon’s top selling tea gift book!!


This book is mainly for Japanese readers who practice tea. But the book shows many simple phrases with deep spiritual meanings of what we express through tea hospitality, so I’m sure it will be interesting for the English readers, too. It is my honor if you have a chance to take a look at it and enjoy the introduction of the world of tea - a comprehensive art of Japanese traditional culture.

# by hoshinamachiko | 2018-07-09 13:20 | 出版物
初めて本を書きました。
タイトルは『英語DE茶の湯 こんなとき、どうする?!』。淡交社より2018年7月刊行を前に、オンライン各社の先行予約が始まっています。
一昨年の雑誌「なごみ」連載をもとに、新たにエピソードやエッセイを書き下ろしました。お茶会に外国人のお客さまをお招きする際の便利なフレーズを、中学校卒業程度(英検三級)の英語力でご紹介しています。楽しい漫画やエッセイで、実践力も学んで頂けます。
発売を楽しみにお待ち下さいませ!

著書 『英語DE茶の湯 こんなとき、どうする?!』(淡交社)
先行予約
Amazon
Yahoo!
楽天ブックス
TSUTAYA


# by hoshinamachiko | 2018-06-24 23:56 | 出版物