茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

<   2019年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

鵬雲斎大宗匠

ご褒美のような日が来ました!🌸🌸🌸
茶道裏千家15代鵬雲斎大宗匠・千玄室様に、私の英語で茶の湯の活動を激励いただきました。


d0334837_18392858.jpeg





d0334837_18061079.jpg


ユネスコ親善大使でもあられる大宗匠は、茶道を通して平和の尊さを、国内外のさまざまな国際親善の場にて啓蒙し続けていらっしゃいます。御歳96才の大宗匠はバイタリティに溢れ、矍鑠とされ、この日頂戴したお言葉のひとつひとつが心に沁み入りました。


「茶碗を回していただく意味は、正面を遠慮する謙虚な気持ちの表現。人は前に出るからぶつかる。正面同士もぶつかる。自分を大切に一歩引くこと。そうやって人間関係は上手くいくのです。」


これは、この日大宗匠に教えていただき心に残ったお言葉です。


d0334837_18062478.jpg
安寧無事


d0334837_18062697.jpg
一期一会 一盌の茶味



茶の湯は言葉に頼らない究極のコミュニケーションです。五感の体験に国籍は問われません。お点前やしつらえの意味するところを英語で解説することで、どなたにも分かりやすく日本文化のこころと出逢っていただけます。



私の英語茶道のささやかな活動の源は、大宗匠が終戦以来、長年に渡り実践してこられた平和活動『一盌からピースフルネスを』への、心からの尊敬と賛同によるものです。


幼い頃から親しんできたお茶でしたが、子育てから少し手が離れた頃、改めて英語プレゼンという切り口で国際茶道文化協会の英語茶道教室に通い、一から学び直しました。


その後、森宗明先生のもと、明和会にて毎月英語プレゼンの御稽古をつけていただき今日に至ります。
その間に雑誌『なごみ』連載、そして初めての著書『英語DE茶の湯 こんなとき、どうする?!』(淡交社)を刊行する機会にも恵まれました。


まだまだ若輩ですので、精進をし、美しい日本文化のこころ、和敬清寂の世界を多くの方にお伝えできるように、少しでも世の中が平和になるように尽力していきたいです。

by hoshinamachiko | 2019-04-10 18:06 | 茶の湯つれづれ