茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

茶蓮きものプロデュース

茶蓮きものをプロッデュースいたしました。
フランス紳士服地ブランドDORMEUIL【ドーメル】のスーツ生地でお仕立てする和装です。


ドーメルは歴代のフランス大統領御用達、ヨークシャーの職人技とパリのエスプリのきいたデザインが人気です。
きもの文化が遠のいてしまった現代の日本ですが、いまでもきものは日本人のこころを表現する一番の装いではないでしょうか。
袖をとおし、帯を締めると、自然に背筋が伸び凜とした気持ちになります。
日頃から和装をお召しの方にはあそび心を。
なじみのない方には、スーツ生地という気慣れた素材できものを少しでも身近に感じていただきたいです。
茶蓮のきものが、皆様に受け入れやすい一枚となれば幸いです。





昨秋には同社175周年のお祝いディナーが東京にて開かれ、ドーメルの生地で誂えた着物で、お仲間方とディナーに出席致しました。


d0334837_19061703.jpeg
日本舞踊の花柳寿楽先生ご夫妻、裏千家味岡宗靖様、大蔵流狂言師大倉基誠様、近衛忠大様、
写真家の桐島ローランドご夫妻、モデルのジャンフランコシモーネ様、美食評論家の中村孝則様、
フラワーデザイナーの竹田浩子様、女優の柏木由紀子様、古典邦楽笙奏者の東野珠美様
中央はドーメル社CEOドミニク・ドーメル氏
ドーメル・ジャポン会長加賀美友加里様



d0334837_19045302.jpeg
DORMEUIL社CEOドミニク・ドーメル氏と





d0334837_18533346.jpeg
お着物はすべて、ドーメルのスーツ生地です!


d0334837_18531037.jpeg
正絹のような光沢、エスプリのきいたデザイン。
海外の方と同席するパーティシーンでもひときわ華やぎます。





和と洋の伝統が出逢い、新しいモダンを創る、素晴らしいひとときでした。ムービーにてご覧下さいませ。
今後もきもの文化と茶の湯を通して、日本と西洋の文化の架け橋となれますように、微力ながら務めて参ります。


d0334837_18562809.jpeg

by hoshinamachiko | 2018-02-02 18:47 | Events イベント