茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
謹んで新春のお慶びを申し上げます。


d0334837_12322983.jpeg


インターネットで繋がる世界が、私たちの仕事や生活に大きな変革をもたらし、その勢いは更に加速することが予想されます。スマホ画面など視覚に極端に偏った現代の生活にあって、茶室という異空間、そして茶の湯という総合芸術は、ひとが本来備えている五感、あるいは六感までもを研ぎ澄ませてくれます。茶を点て、服し、芸術に触れ、人と交わる茶の湯体験は、どんな時代にあっても私たちに感動と生きるエネルギーを与えてくれるのです。


d0334837_12311040.jpeg


昨年は、南アジアの小国・スリランカにて多くの方と茶道を通して交流をし、日本文化への熱狂的なあこがれを感じ取ることができました。また、東京お台場の国立科学未来館にて主催されました世界科学館サミットでは、世界の頭脳である50カ国の科学者たちに、畳の上で茶の湯体験をご提供させて頂きました。科学と文化が互いに手を携える未来について語り合うことは、とてもワクワクすることでした。これらの経験を通して、私は、ジャポニズムへの世界的な関心の高さを、また、国内外問わずこのような感動体験が求められていることを強く感じました。今年も引き続き微力ながら、そのような機会をお届けすべく邁進いたします。

今年は二月の京都、十月のフランス・パリでの茶会に加え、『英語DE茶の湯』なごみ誌連載2016)の書籍化も予定しております。海外からのお客さまをお茶席でもてなす際に便利な、茶道英会話の実用書になります。実践の場面で少しでもお役に立てるような、茶の湯の楽しさと魅力の伝わる一冊にしたいと考えています。

また、ライフワークである国際親善の活動としましては、昨年に引き続き、オーストリア・ウィーン北部のロースドルフ城伊万里焼コレクション調査を、各方面のご協力を得て進めて参ります。中世から近代にかけて日本で製作された美しい陶磁器が、ヨーロッパの王侯貴族を魅了し、また、戦争という歴史の数奇な運命にのまれながらも、今日まで大切に継承された奇跡は、是非とも多くの日本の方々にお伝えしたいと考えています。




d0334837_12360128.jpeg


茶の湯のもてなしを通して体感する悠久の時の流れと、過去から未来に向けて貫かれる普遍の価値との出会い。かつてのシルクロード、今のグローバルな世界で、文化を超えてそれらを共感する感動の場の創造。これらが私の目指す茶の湯です。そして、それをかみ砕くことで、何気ない日常のなかでも肩肘はらずに楽しむ、自分のための大切な一服ともなると考えております。

今年も一期一会に相応しい瞬間を、皆さまとご一緒できれば幸いです。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

平成30年元旦


保科宗眞



by hoshinamachiko | 2018-01-01 09:00 | 茶の湯つれづれ