茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Business Times英字新聞掲載

今年2月、スリランカの首都コロンボにて
熱狂のうちに初開催された日本博2017
会期中の三日間を通して席主を務めさせて頂きました
地元ビジネス紙に掲載されていました!


d0334837_19003206.jpg


スリランカ仏教のお坊さまに
一碗を差し上げた時のシーン。

紙面トップにも茶会の写真が掲載され
現地での関心の高さを実感しました。


d0334837_14303680.jpg


帰国後、早速お稽古にて子ども達にも報告。
日本で大切にされてきた伝統的な文化が
世界中の人から
驚くほどリスペクトされていることを伝えたくて。




by hoshinamachiko | 2017-02-21 13:00 | 出版物

お客さま

今日はアイスランド大使館よりご紹介の
特別ゲストがお見えになり、
完全英語版のお稽古となりました。


d0334837_09062081.jpg


奥様は政治家で、大統領選にも立候補された
アイスランドのヒラリー・クリントン✨
お優しいご主人さまはフードジャーナリストであり
六人のお子様の主夫でもあるそう。
ベッカムに似ててかっこいい♪



露路を抜け、にじり口を通って
四畳半の茶室へ…。


一期一会を大切に
和敬清寂を表現する
茶会の目的をご説明しつつ
五感で味わう
静かなひと時を過ごして頂きました。




私も含め、いわゆる帰国子女でなくても、
伝えたいことがあれば
その思いが強いほど
自ずと英語力も上がります。


「なぜ日本で漢字が使われているの?」
との難しい〜ご質問に対して、
日本という国の成り立ちと中国との関係を
歴史をさかのぼって簡潔に説明してくれた
女子大生のAちゃん。

目を見て、笑顔でしっかり自己紹介をできた子ども達。

みんな小さな外交官✨
日本にいながらできる国際交流です。


by hoshinamachiko | 2017-02-21 09:03 | 茶の湯つれづれ

大徳寺瑞峯院 茶会

京都・大徳寺瑞峯院 安勝軒にて
濃茶席の亭主をさせて頂きました。

d0334837_10191978.jpg



当日は一面雪化粧!!

d0334837_10440393.jpg



この度のお茶会は、
若い世代に本物体験をお届けすることが目的にありました。
将軍献上品であった抹茶の製法にこだわる京都・孫右エ門さんによる企画で、
庭園デザイナーの烏賀陽百合さんによる石庭の楽しみ方の解説と
私の茶席というコラボレーションは、まったく新しい試みでしたが、
日頃お茶会に馴染みのない方々にも多くお集まり頂き、とても喜んで頂けました。




d0334837_10492475.jpg



大徳寺に数ある茶室の中でも
唯一の逆勝手という
由緒あるお茶室にて
濃茶を練らせて頂きました。


d0334837_10514683.jpg



d0334837_10503865.jpg

まるで古からのお遣いのように
立ち昇る釜の湯気

真冬の厳しさの中に
確かな春の足音を探す
如月ならではの風情を感じました。




d0334837_10550945.jpg


圧倒的な場の力を借りて
悠久の歴史を体感する贅沢なひととき

やっぱり京都は茶の湯の聖地です!!



ご参加下さいました皆さま、
誠にありがとうございました。
今後も、本物を五感でご堪能いただける場を
京都と東京にて企画して参ります。



#京都 #大徳寺瑞峯院 #茶会 #kyoto #teaceremony #tranquilitea #hoshinamachiko

by hoshinamachiko | 2017-02-11 09:36 | Events イベント

TATAMI TOMORROW

スリランカ日本博2017では、
茶道ワークショップと共に畳ワークショップが開催され、
私も通訳として少しだけお手伝いをさせて頂きました。


d0334837_14451289.jpg


d0334837_14413583.jpg


d0334837_14422572.jpg


お世話になりました畳屋道場さんが、
この度、(株)資生堂の協力のもと
畳文化の明日を創造する
TATAMI TOMORROWプロジェクトをキックオフされます。


d0334837_14425684.jpg



スリランカの茶会では、とても贅沢に、
青々とした最高級の畳を快く敷いて下さいました。
現地で、茶の湯と日本のおもてなしの心をお伝えできたのも、
本物の畳の存在感によるところは絶大でした。


d0334837_14535999.jpg
お花とお香を飾る台に困っていたところ
あっという間に段ボール箱を畳敷きの花台に!
職人さんってすごいなぁ!





茶道、華道、香道、柔道、合気道…
「道」とつく日本の伝統的な文化は畳の上で行われ、
日本の精神性は畳の上で育まれてきた
と言っても過言ではないでしょう。


しかし、残念なことに畳は年々その数を減らし、
しかも国内シェアの八割は海外産の安い畳。
流通しているものの多くはケミカルな添加物に汚染され、
畳の上でアレルギー症状を訴える方も少なくないそうです。
これではせっかくの畳が、本末顛倒なお話です。



夏は涼しく冬は暖かく、
い草の香り高くふかふかな気持ち良さ…
どこかノスタルジックな感覚も幸せです。
畳の文化を廃れさせるわけにはいきません。



d0334837_14485601.jpg


い草のルーツはインド・スリランカ。
日本への流入は4000年前の縄文時代にまで遡るそうです。
先日のスリランカ日本博でも、
多くの方が関心を寄せておられました。


d0334837_14494509.jpg



TATAMI TOMORROWでは、
伝統的な畳文化の新たな挑戦が始まるそうなので、
わくわくしながらおじゃましてみようと思います。

2月24日(金)18:00〜 銀座資生堂ビル3階にて
入場無料 要申込 http://www.tatamiyadojo.com/

by hoshinamachiko | 2017-02-08 14:10 | Events イベント

スリランカ日本博2017

スリランカで初めての大掛かりな日本博
三日間に渡り茶道ワークショップを致しました。


d0334837_14530335.jpg


会場はコロンボ市内のBMICHビジネスセンター。
連日、数万人という来場者の多さに加え
テレビ中継や新聞報道など
国を挙げての関心の高さを
熱気とともに実感いたしました。



d0334837_19540343.jpg
茶道ワークショップの様子は
Business Times on Sunday紙に掲載されました。





d0334837_15585497.jpg


d0334837_15555771.jpg


d0334837_22320972.jpg




こんなにも超親日国が世界にあるのかと思う程、
人々は大きな期待と好奇心、歓びとともに迎えて下さり、
私も大変感激いたしました。




d0334837_17430816.jpg
どのお席も満員のお客様!!




ワークショップでは
茶道の歴史、こころ、芸術性などについて
英語でプレゼンテーションさせて頂き、


d0334837_20555239.jpg


d0334837_14511660.jpg




その後、お客様を茶席にお迎えして
こころを込めて
薄茶を一服お点てしました。



d0334837_20511870.jpg
毎回、お点前に引き込まれるかのように、
喧騒から一転、静寂に包まれて






現地ローカルのお客様のほか、
在スリランカ日本大使夫人の菅沼様
スリランカ仏教のナーヤカ師様
「おしん」で絶大な人気の
女優 小林綾子さんらを来賓としてお迎えし
精いっぱいのおもてなしをさせて頂きました。



d0334837_16550300.jpg



茶道の精神性は仏教と密接に関わりがあります。
一期一会、和敬清寂、輪廻転生。
スリランカ仏教の伝道者であるナーヤカ師は、
茶道は心の平穏のために行われることを
シンハラ語でお話し下さいました。


d0334837_18234462.jpg


d0334837_18232163.jpg
お軸は「和敬清寂」- 茶道の大切な四つの精神
京都・大徳寺弧篷庵ご住職小堀敬亮様のお筆
国際交流の茶掛けにと認めて下さいました






おしん」は今でも大人気!

d0334837_16591435.jpg


d0334837_18514906.jpg


私も小林綾子さんと同年代なので、
おしんに間違えられてか、撮影の長蛇の列が😅
ごめんなさい、おしんではありません…💦


d0334837_19051863.jpg
女優の小林綾子さんと






日本語をお勉強している学生さんの多いこと!
たくさん話しかけて下さり、とても嬉しかったです。
皆さんのキラキラとした目が印象的でした。

d0334837_19363309.jpg


d0334837_19410226.jpg






日本からスポンサー協賛として
虎屋様に羊羹とお干菓子を
伊藤園様にはお抹茶をご提供頂きました。


d0334837_17342067.jpg



d0334837_17010354.jpg



d0334837_17303256.jpg



こちらも大変な関心の高さで
三日間を通して試食も大人気でした!


d0334837_17554089.jpg


d0334837_17582543.jpg


ご紹介するからには本物を。
虎屋様と伊藤園様には
EXPO茶会に大きなお力添えを頂き
誠にありがとうございました。








お点前の後には質疑応答の時間を設け
抹茶の製法、飲み方など
様々なご質問にお答えしました。



d0334837_21022794.jpg


中には "Are you a Geisha?" という質問も!

はい、芸者ではありませんが、
お茶を点てるという意味では
少し関係がありますね。







茶道に続くかたちで
通訳として協力させて頂きました。


d0334837_18145751.jpg


い草はインドやスリランカが原産。
日本との歴史は縄文時代にまで遡るそうです。

茶道、華道、柔道、剣道...
日本文化に畳は不可欠。

ワークショップでは
品質の高い、本物の畳づくりのための製作実演と
スリランカにおける畳生産の可能性についてレクチャーがあり
現地の方々から質問や反響がたくさん寄せられました。



d0334837_18163701.jpg






茶道や華道のワークショップのほか
黒澤映画やアニメなど日本映画の上映
ポップカルチャーのステージ
相撲、和太鼓、阿波踊りなど
日本文化のお披露目となる大掛かりなイベントとなりました。



d0334837_17403897.jpg


d0334837_17393984.jpg


d0334837_20234932.jpg




私にとりまして、
初めての本格的な海外遠征でしたが、
歴史的にも繋がりの深いスリランカとの友好に
少しでも貢献できたのなら
この上なく光栄です。


d0334837_18025050.jpg
Flower by HIROKO TAKEDA


茶道を通して、言葉や文化を越えた、
普遍的な価値を引き出せることを
多くの方々との交流から確信できました。



スリランカの皆様、
大使館はじめ在コロンボの日本人の皆様、
EXPO関係者の皆様に
この場を借りて厚く御礼を申し上げます。
ありがとうございました。


d0334837_07391587.jpg


Japanese Tea Ceremony Workshop Info
Japan Expo Premier 2017 Sri Lanka
Japanese culture workshop - tea ceremony
Date Feb 3,4,5
Time 12:00/14:00/16:00 (on 5th 12:00/14:00)
Venue BMICH
Tickets Free
Website http://www.jx-premier.jp/sp/index_e.html


by hoshinamachiko | 2017-02-06 14:48 | Events イベント