茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オバマ大統領のヒロシマ訪問。
厳戒態勢の中の原爆ドーム、
厳かな献花式とスピーチ、
そして被爆者代表団長とオバマ大統領が
涙と笑顔を交え握手をする
この歴史的な瞬間を

それぞれ十代になった
私の三人の子ども達とともに
テレビの中継画面を通して
目に焼き付けました。



d0334837_00492084.jpeg



スピーチにもありましたが、
人間が過ちを犯す生き物である限り、
核廃絶や世界平和は理想論と
一掃されてしまうかも知れません。



でも同時に、
互いを愛し、自然を慈しみ、
平和な未来を築けるのもまた人間です。



先日お茶のお稽古に遊びに来てくれた
オーストリア人の19才の青年は、
シリア難民キャンプで半年間の兵役を
終えたばかりと言っていました。


世界にはさまざまな課題が山積です。





和敬清寂は
千利休が残したとされる言葉で、
茶道のもてなしの精神、
人としての理想の境地を表しています。

ともに相和し、敬い、清める文化にある日本人が、
古より目指してきた平穏でpeacefulな寂という理想。
これは、国籍や宗教に分け隔てなく
人として誰もが求める関係性だと思います。


私が英語で茶の湯をするのは、
日本人特有と思われがちな
伝統文化にみるこの精神を
可能なかぎり言語化して、


自然や人との
理想的で普遍的な関係の築き方を
海外の方々とも共有し、


究極的には
少しでも平和に貢献できれば
との思いがあるからです。



これからも身近な機会を活かして、
子ども達や外国の方々をはじめ、
ご縁のある方々と
地道にシェアして参りたいと考えています。



歴史的な一日によせて


Obama visited Hiroshima today as the first serving US president. The world's first atomic bomb attacked Hiroshima in 1945. Tragedy and suffer of hundred thousands victims and descendants still exist, and since the day, the city is remarked as the symbol to seek the nuclear free world.
"Children in Hiroshima are now living in peace. How precious it is, and is worth protecting."
Obama's speech was very impressive and remained deeply in my heart. I will continue my activity to introduce Japanese chanoyu culture for better mutual understanding and to feel the peaceful spirit which underlies tea ceremony together.

by hoshinamachiko | 2016-05-28 00:44 | 茶の湯つれづれ
連載中の「英語de茶の湯」
六月号はズバリ!
茶道の精神「和敬清寂」について書かせて頂きました。



d0334837_09280318.jpeg



d0334837_09281616.jpeg



外国人の方々に、
茶道の目指す世界を分かりやすくお伝えするのは
容易なことではありませんが、

和敬清寂の意味を一つずつご説明しながら
お点前をご覧いただくと、

茶道のみならず、
わたしたち日本人が大切にしている精神に触れ、
なるほど!と理解を深めて頂けます。

短い英文ですので、ぜひ参考になさって下さい。


My monthly serial article for Nagomi magazine, Chanoyu in English June issue is published. I featured the spirit of tea expressed in four characters; Harmony, Respect, Purity and Tranquility. A true heart of Japan.



by hoshinamachiko | 2016-05-26 09:26 | 出版物

アラビアンこども茶会

ヨルダン大使夫人のご協力を得て、
大使公邸にて
日本の茶の湯と
アラブのおもてなしとの
コラボ茶会の撮影会でした。



d0334837_08444531.jpeg




d0334837_08571594.jpeg



魔法のじゅうたんの上でティーセレモニー
アラビアンな調度品との不思議な融合…
意外とマッチするではありませんか!


d0334837_08462065.jpeg


金色のアラビアンコーヒー台にある文字は、
アラビア語で「おもてなし」。

心からのおもてなしを、五感で味わうところは
茶の湯と共通します。

子ども達もそれぞれの民族衣装に身を包み
撮影に協力してくれました!



d0334837_08471054.jpeg



シルクロードの両端にあるアラブと日本。
日本歴20年、親日家でいらっしゃる大使夫人は
日本とアラブ諸国の文化的な類似点を多く研究されています。

茶道も嗜まれるマダム。
お茶の点前にも
アラブのおもてなし文化との類似点を
多く見つけていらっしゃいます。



マダムに教えて頂いたのは、

茶入の仕覆に用いる緞子(どんす)の語源が
「ダマスク」であったり、

正倉院に納められている古い織物や
二条城の建築にもダマスクアートが取り入れられていたり。

びっくりです!!

いつか行ってみたい!!




d0334837_08515961.jpeg


撮影会の後にはランチをご用意下さいました。
地中海に面した地域のお料理は、
オリーブオイルやレモンを使ったヘルシーな味わいで
日本人の味覚にも合います、






d0334837_08531369.jpeg




今日みる中東情勢について
残虐なニュースばかりを耳にしていますが、
心を痛めているのは皆さん同じです。

いつの時代も、文化の相互理解なくしては
平和は訪れません。


「違いではなく、似ているところを探すことで
お互いの理解と友情を深め合える。」


大使夫人のお話には、いつもとても興味深く共感し、
多くの方にも知って頂きたいことばかりです。
このような貴重な機会を与えて頂き、
ありがとうございました。



d0334837_22194702.jpeg

ヨルダン王国独立記念日レセプションにて
(於 ホテルオークラ)





この度の撮影は、
なごみ九月号の巻頭写真として掲載される予定です。
どうぞお楽しみに!

by hoshinamachiko | 2016-05-23 08:42 | Events イベント
Such an honor to attend an early stea ceremony hosted by the leading expert researcher of Japanese ceramics and porcelains, eighty-eight years old Dr. Seizo Hayashiya. The combination of 400 years old raku ceramic tea bowl, a modern Mexican TARA silver kettle and other beautiful utensils, followed by the delicate plate of Japanese cuisine created an uonce in a life time Ichi-go-Ichi-e moment.

d0334837_23324578.jpeg


d0334837_23350034.jpeg


d0334837_23352231.jpeg


d0334837_07364511.jpeg



by hoshinamachiko | 2016-05-19 07:58 | English

林屋晴三先生のお茶会

五月晴れの中、
漆芸家村瀬治兵衛さんのご自宅にて催された
特別茶会に寄せていただきました。


d0334837_23324578.jpeg


ご亭主は、日本の陶磁器研究第一人者の林屋晴三先生です。


d0334837_23350034.jpeg


御年88才になられる林屋先生。
じきじきのお点前からは、
気さくなお人柄が垣間見られ、
時代も国境も超えた奥行きのある斬新なお道具組には
終始脱帽でした。


主茶碗には400年前の楽三代のんこうの楽茶碗✨
軽く手に収まる感覚は忘れられません。

洒落た数寄小棚には銀製ケトル✨
ティファニーの銀器の製作を請け負うメキシコTANE社製だそうで、
とっても可愛かったです。




d0334837_23352231.jpeg


お手製の季節の点心も
たいへん美味しく頂戴いたしました。

もちろん治兵衛さんのお盆も
味があって素晴らしかったです✨




d0334837_07364511.jpeg


以前、林屋先生が
「茶の湯とは、人と人との心の交流と芸術鑑賞の場である」とお書きになっていたものを読んだことがあり、
そのことが今でもとても印象に残っています。

流派を超えて、本来の茶の湯を。

本日のお茶席にて、
ご自身がじきじきに分け隔てなく
よきお手本を示して下さるご様子に感銘を受けました。


五月晴れの空のような
清々しい気持ちに。
ありがとうございました。


by hoshinamachiko | 2016-05-18 23:30 | 茶の湯つれづれ