茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春になりました!
連載をさせて頂いております
なごみの表紙にも桜が満開です。


d0334837_09293412.jpeg



今月号の『英語DE茶の湯』では、
正式な茶事とカジュアルな茶会の違いについて
ご紹介しています。



d0334837_10434962.jpeg



お茶会といえば、
薄茶と和菓子のおもてなしを思い浮かべる方も多いかと思いますが、
それは全体のほんの一部。
正式な茶会(茶事 ちゃじ)では、
フルコースで四時間のおもてなし!

海外からのお客様にも、
懐石、濃茶、薄茶など、
茶会の流れについてご説明すると、
茶の湯のおもてなしをより深く理解して頂けます。

是非ご高覧くださいませ。

by hoshinamachiko | 2016-03-24 09:28 | 出版物
東京・渋谷区にある聖心インターナショナルスクールの文化祭にて
英語によるお茶会とミニレッスンを開催しました。


d0334837_17451568.jpeg




今年より活動を始めたインター茶道部。
お茶会は初めての試みでしたが、
当日は国内外からお客さまが大勢お越しになり、
お陰さまで大盛況となりました。


d0334837_17574886.jpeg




お抹茶は、両手で感謝して頂きます…。

d0334837_17470223.jpeg




お茶碗の拝見も
しっかりと低い姿勢で…。

皆さま、とってもお上手です!

d0334837_17472234.jpeg





海外からのお客さまには、
お干菓子が喜ばれます。
この柔らかい色味は、日本ならではですね。


d0334837_17490983.jpeg





賑やかな会場で、目を引くようにと
勢いでマイ野点傘と縁台を購入してしまいました…
ポスターは子ども達による手作りです。


d0334837_17540928.jpeg


マイ野点傘、これからもたくさん出番がありますように!笑


We held a series of tea ceremony gatherings and mini-lessons at the ISSH Family Festival. We welcomed many international guests, including those who never experienced chanoyu before. The students of the tea ceremony club served sweets and tea in a very good manner, even it was their first experience. Great job!
I deeply thank for the heartwarming encounter and the guests' warm interests towards our traditional culture.






by hoshinamachiko | 2016-03-20 17:43 | Events イベント
We held a series of tea ceremony gatherings and mini-lessons at the ISSH Family Festival. We welcomed many international guests, including those who never experienced chanoyu before. The students of the tea ceremony club served sweets and tea in a very good manner, even it was their first experience. Great job!

d0334837_12571536.jpeg


d0334837_12590247.jpeg


d0334837_12593595.jpeg





We deeply thank for the encounter and the guests' warm interests towards our traditional culture.
Please contact issh.tea@gmail.com for the details of the monthly lesson.

by hoshinamachiko | 2016-03-19 12:00 | English

平成新猿楽記を訪ねて

大徳寺孤峰庵十九世小堀亮敬ご住職を中心に
伝統文化と技を継承する若手職人による
茶道具展とオープニングレセプションに伺いました。



d0334837_20564452.jpeg



d0334837_21031988.jpeg



ご住職は申年生まれ。
職人の皆さまも同年代の方々
会場の柿傳ギャラリーの建物も
同じ申年生まれ。
だから平成猿楽記なのだそうです。


そしてご住職の奥様は
私の大学時代の後輩でもあり、
とても嬉しい再会でした。


d0334837_21190448.jpeg




猿と言えば孫悟空
その孫悟空がいたずらをして取ってしまった仙女の桃 西王母


西王母の実を食べると三千年生きられるという伝説から
猿と桃は ともに描かれることの多いモチーフです。


d0334837_23142815.jpeg


どこかユーモアのある可愛らしいお猿さん達は
現代に継承される若手職人の匠の技によって
ギャラリーの空間を自由に遊んでいるようにも見えました。



d0334837_20595028.jpeg


平成新猿楽記は、
こちらのお軸が結んだご縁とのお話でした。
お猿さん達の声が聞こえてきそうな
品とユーモアのある掛物とお見受けしました





d0334837_20592508.jpeg


お呈茶も頂きました。
お茶名は 孤峰庵お好みの 巌の白  
お詰は小山園
お菓子は柿傳オリジナルのお干菓子に 桃の印

とっても美味しかったです♪


平成新猿楽記は 3月10日まで
東京・新宿 柿傳ギャラリーにて開催中です。

Tea utensil exhibition at Kakiden, Tokyo, is now showing tea items with zodiac monkey motif, created by the 19th generation Daitokuji temple Koho-an chief priest and the young craftsmen in Kyoto. They are passing over traditional techniques, authentic designs and creative ideas. Awesome...!


d0334837_20575312.jpeg


d0334837_21240224.jpeg



by hoshinamachiko | 2016-03-04 20:48 | Events イベント