茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

茶花について

「花は野に咲くように」
千利休が大切にした茶室の草花は、

華やかなアレンジメントや香りの強いものではなく、
山野草など野に咲くありふれた草花たち。


茶の湯の精神性は
シンボリズムを特徴とする禅に深く根ざし
その活け方にも表れています。



ひさごの籠にシャクヤクと花いかだ
花の蕾を生けるのは
生命力の象徴だから。




d0334837_16081388.jpg


野の花の楚々とした美しさ
凛とした生命力
床の間にそっと飾られる茶花は
見る人に自然の存在と
畏敬の気持ちを抱かせてくれます。







d0334837_16080436.jpg




散りゆく紅葉と

まさに花開くときを待つ椿の蕾。
命のサイクルをシンボリカルに表現して
新旧のコントラストを味わいます。




d0334837_15555708.jpg







こちらの書籍に、
東京都心の自宅ベランダ茶花園の
掲載協力をしました。


d0334837_23274771.jpg

淡交社「おてがる茶花ガーデニング」









by hoshinamachiko | 2015-09-22 17:07 | 茶の湯つれづれ
Zen style flower arrangement in tearoom is called "chabana", exclusively arranged in an alcove for the guests.

This particular arrangement symbolically suggest the life cycle of aged and newborn.
Colored leaves are symbolizing years and ages, where the bud of camelia is a symbol of newborn vital energy.

This is life, and this is nature.

d0334837_15555708.jpg




by hoshinamachiko | 2015-09-22 17:00 | English
伊勢丹新宿本店にて『茶箱を楽しく活用するための講座』をシリーズで開催しました。


講座では、茶箱のお点前をご披露しつつ、
日常のシーンでも、気軽にいただけるお抹茶のたて方をご紹介させていただきました。


d0334837_09393666.jpg



d0334837_09401422.jpg



d0334837_09443001.jpg



リビングでゲストの方と愉しむ気軽な茶の湯
食後のデザートや
ピクニックにお抹茶を


旅先で見つけたお気に入り道具を
マイ茶箱に組み合わせたり


海外へのお土産にもおすすめです。
ゲストを、そしてご自分をおもてなしする、
ちょっと贅沢ティータイムを提案させて頂きました。






お子さま方にも好評でした!*\(^o^)/*

d0334837_09504297.jpg




Matchaはスーパーフードとして海外でも人気上昇中。
からだにも、こころにも効くお抹茶を、
もっと気軽に愉しんで頂けたら嬉しいです。




d0334837_09481632.jpg

シルバーウィーク連休にも関わらず、
お申込みは満席を頂き、誠にありがとうございました。
次回は9月26日になります。
嘉門工藝さんウェブサイトも、ぜひ御覧くださいませ。





by hoshinamachiko | 2015-09-21 13:00 | Events イベント

Purification


Purification is one of the important aspects to understand the spiritual world of Japan .There are several ways to purify atmosphere and one's mind. Purification is done before we enter sacred places like shrines or tearooms. 
When we enter tearooms, firstly we use pure water in a stone basin called "tsukubai" and rinse our hands and mouth.
This act not only clears our body but also purifies our mind symbolicaly.
Tearoom, or chashitsu, is an exclusively designed space for tea ceremony, with calm, serene atmosphere where rusty beauty surrounds.
At there, all the worldly issues will be left behind, and you can enjoy "unusually" relaxing moment as a person who you are.

d0334837_10033854.jpg

by hoshinamachiko | 2015-09-14 23:24 | English

重陽の節句

9月9日は「重陽の節句」。かつて中国では奇数を陽の数とし、陽の極である9が重なるこの日は「重陽」で大変おめでたいとされ、日本でも、明治以前までは大切にお祝いをされていました。


旧暦でちょうど菊の花が咲く頃なので、「菊のお節句」とも言われ、日本独自の風習として菊の花の「被綿(きせわた)」があります。これは重陽前夜、つまり9月8日の夜に、菊の花を真綿で覆って夜露と香りを移しとり、翌朝、その綿で体や顔を拭うというものです。そうすれば老いが去り、長寿を保つと信じられていました。なんとも風情のあるすてきな風習ですね。


いまでもお正月、桃の節句、端午の節句、七夕…と季節の行事を大切にお祝いする私たちの習慣は、海外の人から見ても、とても魅力的な日本文化です。五節句のうち、菊のお節句だけ忘れられては淋しい…。ということで、今夜はお酒に菊の花びらを浮かべて菊酒、いかがでしょう?


by hoshinamachiko | 2015-09-09 23:56 | 茶の湯つれづれ

"Double - yang" celebration

The four vivid seasons have great impact on Japanese culture and mentality. Each seasonal festival has been celebrated for hundreds of years among people, and typically notable in tea ceremony.

From old calendar, today Sep.9 is the "double-yang" day. People used to celebrate autumn chrysanthemum festival for wishing one's happiness and longevity. To drink petal-floating "sake", or to purify body with cottons, which absorbed overnight dew and aroma of chrysanthemum flowers, were the customs, but they are unfortunately no longer popular among us today.

Other seasonal festivals, such as New Year, girls day, boys day and star festival, are still very popular among Japanese people, and we cherish each celebration with traditional way. Too pity to leave chrysanthemum festival behind... why not having "sake" tonight?


by hoshinamachiko | 2015-09-09 23:39 | English