茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

東宮御所の新緑まぶしい
東京・赤坂のアートスタジオにて
春のお茶会を催しました。



d0334837_16525690.jpg


ふだんは、EGAKUワークショップを通して
アートコミュニケーションという提案を
国内外に発信するホワイトシップさんの



92art Studioで催された
『異分野プロフェッショナルとのダイアログ・セッション』に
呼んでいただきました




谷澤邦彦アートと茶の湯のコラボレーション『春の茶会』





d0334837_17025421.jpg





お茶会のテーマは 

過去と現在
洋の東西の交差点

"A Crossing Point"











スペシャルゲストには

根来塗第一人者
漆芸家の村瀬治兵衛さんもお迎えしました





d0334837_17101763.jpg



d0334837_17031572.jpg





同門社中の手作り和菓子 
菓銘 「目に青葉」


d0334837_17030629.jpg




くの方々のご協力のもと、一期一会の豊かなひとときとなりました。




d0334837_17320760.jpg





d0334837_17321919.jpg







日本の誇るお茶の文化が、


ユニバーサルで普遍的、
意外なほど自由で身近なものであることを


お伝えできたなら嬉しいです。






d0334837_17020140.jpg




お忙しい中のご参加
誠にありがとうございました!

We welcomed guests to the tea gathering ' A Crossing Point' at 92art Studio, Akasaka, Tokyo. Through my lecture and demonstration, we encouraged the guests to experience the world of chanoyu (or the way of tea). The tea gathering was a combination of YAZAWA's contemporary art and the traditional art of chanoyu, which created the true “一期一会” - once in a lifetime meeting. Harmony, respect, purity and tranquility are the four important principals of Chanyou. I was glad to see the guest enjoyed the spiritual and multi-sensory experience of chanoyu by sharing a bowl of tea and the surrounding serene atmosphere.


by hoshinamachiko | 2015-05-23 14:00 | Events イベント