茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

金継ぎアート

KINTSUGIが熱い!そう感じることが最近、特にヨーロッパ方面で多いんです。彼らは日本の金継ぎを「サスティナブルでエシカル。その感性はヒーリングでありポジティブ」と捉え、びっくりするような進化形のアートが生まれています。



金継ぎアート_d0334837_10160040.jpg




金継ぎアート_d0334837_10124287.jpg


もともと金継ぎは、割れてしまった陶磁器を再び用いるための修復技法で、接合部分に金を施すことで新たな美しさが加わり、鑑賞する人の感性に働きかける芸術的手法でもあります。

日本文化史研究で著名な熊倉功夫先生にお聞きしたところ、「膠で継ぐ技法は、縄文遺跡の土器にも確認されている」とのこと。縄文人が身の回りで簡単に手に入る素材を接着剤として用い、土器を大切に使っていたことに驚きます。同時に、日本にはモノを大切に使う、脈々と受け継がれる文化があることにも気づきます。

近世以降の茶の湯の発展とともに、陶片の接合部分に金を施す「金継ぎ」が全国的に広がります。破損した傷あとは新たなデザインとなり、お茶の世界ではそれを「景色」と呼び鑑賞します。天災、人災、理由はさまざまあれど、破れてしまった陶片を金で継ぐことでネガティブな感情は癒え、さらには、何気ない日常が美の境地にまで昇華される。このセンスは侘び茶の特徴で、金継ぎはその典型例。ストーリー性のあるモノに、先祖たちは心躍ったのでしょう。



さて、時代は2019年、東京。

私は都内在住のイタリア人アーティストMarcoさんと出会い、彼の作品を観てビックリ!この発展形はなんなんだろう!


金継ぎアート_d0334837_10143117.jpg
フリーマーケットで見つけた
古い襖の取ってをフレームに見立てて。
夜桜の写真を”金継ぎ”




金継ぎアート_d0334837_10143343.jpg
アンティークの丸いフレームは
命のサイクルを示す円相のイメージで




Marcoさんを私に紹介して下さったのは、同じく東京在住イタリア人のサラさん。都内で行われたイタリアの自動車メーカーFIATのイベントで、サラさんは彼の金継ぎアートに出会います。日本の伝統とイタリアのモダンアートの融合に心から感銘を受けたサラさんは、多くの人に知ってもらいたいと考え、イベントに同席されていた駐日イタリア大使夫人と共に、私にMarcoさんを紹介して下さいました。




金継ぎアート_d0334837_10153890.jpg
KINTSUGIアーティストマルコさんを囲んで
駐日イタリア大使夫人のマティルダさん(左)
マルコさん、サラさん、保科(右)




サラさんは日々の生活の中で日本文化との出会いを楽しんでおられ、ご自身の破れてしまったお皿を金継ぎしたご経験もあります。西洋では「破損=悪」と考え、壊れた陶磁器は廃棄するのが慣い。ところが日本で出会った金継ぎは「心にも環境にも優しい、サスティナブルなサイクル」と感激したそうです。

金継ぎアート_d0334837_10145935.jpg
都内在住のサラさんによる金継ぎ
プラチナのラインが見事な景色に


Marcoさんのアトリエは、麻布十番の古いアパートの一室で、和箪笥や衣紋掛けにIKEAの小物が絶妙にマッチしていました。彼らはそこを「ボヘミアン!」と呼ぶのだから、もう私の頭の中はフル回転!私のつまらない固定概念はガラガラと音を立てて崩れていきます。

ミラノ、上海で写真家として活躍の後、東京に移り住んだマルコさん。「僕は日本に恋をした。そして金継ぎという技法と出会い、これまでの写真家としての活動とミックスすることで、全く新たなアートになったんだ」「僕の金継ぎアートはセラピー。悲しい過去を輝く未来へ導いてくれる」。

ナイーブな過去を映し出した自らのポートレートを撮影、プリント、破った後に、”金継ぎ”することで、ネガティブな思い出や過去を、希望ある未来へとつなげる独創的なメッセージ。

また、東京で撮影された『ROUND SAKURA』は、桜の開花サイクルをひとの人生のめぐりと重ね、人生に起こりうる一連の出来事を内包しながら”金継ぎ”を施すことで表現。これらがMarcoさんのKINTSUGI アートの真骨頂です。




「金継ぎ」は日本に古来からある”ありふれた”技法と思っていた私にとって、マルコさんの作品の数々との出会いは衝撃でした。消化し言語化するのにしばらく時間を要したのは、おそらく私自身の感性が凝り固まってしまっていたから。もっと感受性を柔らかくしなくては。。



伝統は革新の連続。
日本の伝統文化が世界の各地にてどんな化学変化を起こすのか、日本人として興味は尽きません。その進化をしっかりと見届けることで、日本文化のもつパワーに気づかせてもらえるからです。

https://www.marcoferriart.com/home
https://youtu.be/Yz9ad-g

by hoshinamachiko | 2019-12-14 10:11 | 茶の湯つれづれ