茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

なごみ六月号

駐日ヨルダン大使ご夫妻にご協力頂きました特集記事
ただ今発売中の
なごみ六月号(淡交社)に掲載されています。
日ごろより親交のある大使夫人とは、
昨年9月号の本誌巻頭の撮影協力をし、
この度は、こちらの特集をコーディネートさせて頂きました。

なごみ六月号_d0334837_18181476.jpg


なごみ六月号_d0334837_18182518.jpg


副題に【日本文化とヨルダン文化の共通性に惹かれて】とありますように、
大使夫人のシーファさんは、茶の湯を、
シルクロードが繋ぐアラブ文化という独自の切り口で捉え、
それらを両文化の友情の架け橋として紹介していらっしゃいます。

古帛紗や仕覆のお裂地、お軸の表装にみるダマスク模様。
イスラムのお祈りと、茶道の鏡柄杓や正座の姿勢の類似。
お茶のお稽古で得られる平穏で心休まる時間が
日に5回のイスラムのお祈りとも共通するなど、
知日家であり茶人でもある彼女だからこその視点は、
多くの示唆に富んでいます。


記事を通して、茶の湯の国際性、
そしてイスラム文化に親近感を
少しでも見出して頂けますなら幸いです。
ぜひご高覧くださいませ。



因みに…

なごみ六月号_d0334837_21290860.jpg

掲載のアンケート『わたしがお茶を始めた理由』の冒頭の小学生は、私の娘です。
私の思いが、娘にもそれなりに伝わっていることが嬉しいです。(^o^)


それからV6の長野くん!
お茶をされるんですね。
男性にも再び茶道が広まることを期待しています。







by hoshinamachiko | 2017-05-23 18:12 | 出版物