茶の湯文化のバイリンガルナビゲーター 保科眞智子の活動ブログ Blog of a Japanese Urasenke tea master, Machiko Soshin Hoshina, based in Tokyo, Japan.

by MACHIKO SOSHIN HOSHINA

『淡交4月号』寄稿

茶道裏千家機関誌『淡交』4月号(P155〜P165)に寄稿させて頂きました。専門家や有志の皆様と、5年間に渡り取り組んで参りました『古伊万里再生プロジェクト』について、全10ページの特別記事になります。

『淡交4月号』寄稿_d0334837_11043026.jpg


『淡交4月号』寄稿_d0334837_12460948.jpg

2015年秋、元麻布の駐日オーストリア大使館にて亭主を務めさせていただいたお茶会がきっかけとなり、

江戸初期にヨーロッパへ渡り、数奇な運命を辿った日本のやきものと出会いました。

第二次世界大戦にて壊滅的に破壊された姿のまま、今日まで城主一家によって大切に保管されていました。

この度、私が発起人となり、有志による『ロースドルフ城古伊万里再生プロジェクト』の取り組みの結果、

世界初の学術調査が行われ、その成果として展覧会が日本にて開催されています。

大倉集古館での4ヶ月にわたる特別展は、国内外のメディアにもご注目いただき、多くのご来場者をお迎えすることができました。
また、巡回展として下記の各美術館にて展覧会が予定されています。

愛知県陶磁美術館 「海を渡った古伊万里〜ウィーン、ロースドルフ城の悲劇〜」展 4/10(土)〜6/13(日)
山口県立萩美術館・浦上記念館 9/18(土)〜11/23(火・祝)

『淡交4月号』寄稿_d0334837_11122262.jpg



詳細は『淡交4月号」をぜひご高覧くださいませ。

# by hoshinamachiko | 2021-03-27 11:03 | 出版物
この度、CCCアートラボ傘下の光村推古書院さんより、茶の湯のエッセイ集を刊行させて頂く運びとなりました。大御所の肩をお借りして、三年かけてじっくりと取り組んだ超熟本です。

「なぜお茶は『点(た)てる』というのか」。

この問いを軸に、身近な暮らしの話題からゆったりと、じっくりと深めていきます。写真や註釈もふんだんに入れてありますので、お茶をなさる方🍵もそうでない方🔰にもじゅうぶん楽しんでいただけるものと思います。

【エッセイ集を刊行します!】_d0334837_16190444.jpg


Amazon等にて予約も始まり、全国の書店には今月末あたりからお目見えする予定です。どうぞ宜しくお願いいたします!


プレスリリース


【エッセイ集を刊行します!】_d0334837_15444870.jpg


【エッセイ集を刊行します!】_d0334837_15463317.jpeg


【エッセイ集を刊行します!】_d0334837_15464747.jpeg


長引くコロナ禍で、楽しみなお花見もハレの日も、みんなお預けになりました。逢いたい人と自由にあえない、他人の些細な言動にも過敏になって、心はどんどん窮屈になってしまうこの頃。そんな今こそ皆様にお届けしたい、お茶の世界ってこんなところを私なりの経験をもとに綴りました。

一盌のお抹茶をめぐって対談をさせていただきました先達方には、示唆に飛んだ珠玉のメッセージをたくさん頂戴しました。時代を生き抜くためのヒントはページの随所に溢れています。

十三代塗師 中村宗哲様

MIHO MUSEUM館長 熊倉功夫様

前ヨルダン大使夫人 Shifa Zghoul様

曹同宗僧侶・曹同宗国際センター前所長 藤田 一照様



また、本企画にて私に筆を預けて下さいました光村推古書院の合田社長と、対談のアレンジから編集、装丁のデザインまでディレクションして下さいました上野昌人様には、誠に忍耐強くお付き合いいただき心より感謝申し上げます。そして、最後ふーふー言いながら必死に原稿と格闘する私を激励してくれた家族や友人たちにもこの場をお借りして心より御礼を申し上げます。

デジタルの時代ですが、手にとる読書もよいものです。おうち時間のお供に、お好きなページからめくって頂けたら嬉しいです。どうぞ宜しくお願いいたします!

『そのまま あるがまま as it is 暮らしにお茶を。』保科眞智子著 (光村推古書院)



【エッセイ集を刊行します!】_d0334837_15470981.jpeg


# by hoshinamachiko | 2021-03-13 16:17 | 出版物

婦人画報4月号掲載

まだまだ気を緩められませんが、春気分🌸は味わいたいですね。

婦人画報4月号「東西ホテル通マダムのお気に入りダイニング」掲載いただきました。

婦人画報4月号掲載_d0334837_11035832.jpg

婦人画報4月号掲載_d0334837_11040060.jpg


ぜひご高覧くださいませ🌸🌸🌸

#婦人画報 #4月 #ホテルランチ #2021 #ウェルネスメニュー #保科眞智子

# by hoshinamachiko | 2021-03-06 11:03 | 出版物
【オンラインおうち学校】

コロナ自粛でリモート学習もすっかり定着しましたね。「すべての子どもに話すちからを。」を目標に、キッズ向けオンライン授業を展開するアルバ・エデュさんの活動に賛同して、何度目かの講師をさせて頂きます。

オンラインおうち学校 2/9(火)17:00_d0334837_07462438.jpg


2月9日(火)17:00〜18:00
詳細・お申込みはこちら



アルバ・エデュさんは運営スタッフの皆さんも子育て中のママ達。うなぎ昇りの急成長には時代のニーズときめ細やかな運営がピッタリ合っているからだと思います。
どの授業も単発開講、嬉しいワンコイン!

素晴らしい講師陣に混ぜて頂き嬉しいです。夕方のひととき、日本文化を英会話で、ご一緒に楽しくお勉強しましょう!😊👘🇯🇵🌍✨

# by hoshinamachiko | 2021-02-09 07:45 | Events イベント

家庭画報1月号

家庭画報1月号
保科xアウディx大倉集古館xホテルオークラ東京
豪華ラインナップで私の活動とカーライフを特集いただきました。

ふだんのお稽古も、海外からお客様をお迎えするお茶会でも、会場までのドライブは欠かせません。
 



家庭画報1月号_d0334837_12364845.jpg



さすが新春特大号ということで、お正月らしい華やかな記事がぎっしり満載。私も末席にて光栄なことです。Audi車はエレガントでハンドリングがとても良い感じ!女性にファンが多いのも納得です。

家庭画報1月号_d0334837_10572751.jpg



家庭画報1月号_d0334837_10572846.jpg


家庭画報1月号_d0334837_12340623.jpg



家庭画報1月号_d0334837_10572934.jpg


私はこのスタイルで30年来クルマ派です。学生時代にはアルペンスキー板を、子育て期は三輪車やバギーを、そして今はお茶道具を積んでぶんぶん走り回っています😁🚗💨



ホテルに隣接する大倉集古館では、私が有志たちと東奔西走した古伊万里再生プロジェクトの集大成、特別展「海を渡った古伊万里〜ロースドルフ城の悲劇〜」展が好評開催中です。
オーストリア大使公邸でのお茶会にて、ロマンと悲劇の「古伊万里」コレクションに出会ったことがきっかけとなり、
多くのお力添えで実現しました。

日本オーストリア友好150周年記念事業 
オーストリア・ロースドルフ城古伊万里再生プロジェクト
(プログはこちら

準備のために何度も訪れたウィーンでも勿論!レンタカーでお城までドライブを楽しみました(マニュアル車🚘)そんな日が一日も早く戻るといいですね。



宜しかったら是非ご高覧くださいませ。

家庭画報ウェブ版記事はこちらです。

#家庭画報 #新春特大号 #Audi #大倉集古館 #ホテルオークラ東京 #古伊万里再生プロジェクト #海を渡った古伊万里 #茶蓮 #保科眞智子 #保科宗眞

# by hoshinamachiko | 2020-12-01 10:56 | 出版物